ポイントはお金と同じ価値があるnanacoギフトカード

基本的に「nanacoギフトカード」は、贈答用や自分用に購入し「nanacoカード」にチャージして利用したり、直接ネットショッピングなどで利用するのでギフトカードを購入しただけではポイントは発生しません。

購入方法も現金のみとなっているので、クレジットカードで購入しクレジットカードのポイントを貯めようとしてもできません。ポイントを貯めるという考えでは、「nanacoカード」で貯めるという考えのほうがいいと思います。

貯まったポイントは1ポイント=1円になりポイントを電子マネーに交換後利用する事ができます。お金と同じ価値なので、ポイントをいかに効率よく貯めれるかでお得になりますね。「nanacoカード」のポイントには有効期限があります。

有名なTポイントやPONTAカードなどは最終利用から1年間と期間が決められてるのに対し、「nanacoカード」は加算された日によって異なってきます。2014年4月から2015年3月に加算されたポイントの有効期限は、2016年3月末までになっておりそれまでに利用できなかったポイントは失効してしまいます。

貯まったポイントを1,000円単位など一気に使いたいと思う人もいるかもしれませんが、貯まったポイントは早めに電子マネーへの交換をしておくといいですね。また、電子マネー以外にもANAのマイルやSKYコインと交換したりもできます。今、何ポイントあるのかは買い物した際のレシートに現在のポイントとして記載されていますが、「センター預かり分」は反映されません。

また有効期限も記載はされないので、会員メニュー画面で簡単に確認する事ができるので、有効期限やセンター預かり分がないか確認するのをおすすめします。ポイントは買い物時だけでなく、対象商品を買うと貰えるボーナスポイントでゲットすることもできます。

カードの取り扱っている全国のエッソ・モービル・ゼネラルのガソリンスタンドでカードを提示し現金で給油すると1L付き1ポイント付与してもらえます。また、メルマガに登録し対象サイトを観覧するだけでポイントがもらえたりもします。

現代らしいポイントゲット方法もあります。ペットボトルを自動回収機に入れると1本2RPもらえ500RPで50ポイントになります。街も綺麗にエコにもつながりお互いにとってメリットですよね。

ポイントを貯める方法は一例なのでnanacoポイントクラブを一度のぞいてみてはいかかでしょういか。ギフトカード購入でポイントを貯める事は基本できませんが、nanacoカードを活用することで多く貯める事はできるので利用する価値はありますよね。