nanacoギフトカードはキリン柄

「nanacoギフトカード」で知ってますか。その前に「nanacoカード」を知っておくと入りやすいと思うので、そのご紹介からします。「nanacoカード」とは電子マネーとして使えるカードのことです。

有名な「楽天edyカード」と同じように利用できるのです。「nanacoカード」はセブン&アイグループのカードでグループ会社やnanacoのマーク表示されていればどこでも利用する事ができます。

カードは、ちょっとすましたキリンの絵が描いてあり、なんだかとても可愛いデザインになっています。nanacoを使って買い物をすると100円で1ポイント貯める事ができ、貯まったポイントはお金同様電子マネーで利用することができます。

このカードを持っていると小銭でお財布が重たくなることもなく、これ1枚だけ持って出かけてもお金の出し入れの煩わしさや手間もなくなります。

電子マネーが普及してきた今では通貨が物理的に流通がかなり減ってきているそうです。でも、同じお金であれば便利なほうで使いたいと思いますね。またカードだけでなくモバイルでもカードとして登録ができるのもnanacoカードの特徴です。カード型は発行手数料に300円かかり申込すれば誰でも持てます。

モバイルは発行手数料が0円ですが、16歳以上と年齢制限があります。nanacoカードと聞いてピンとこない人もいますよね。全国で使えると言っているのになぜか身近に感じないと思う人もいると思います。それは、セブン&アイグループの代表である「セブンイレブン」や「イトーヨーカドー」が全国展開してないからなんです。

沖縄には「セブンイレブン」がありません。四国、九州、沖縄には「イトーヨーカドー」がないんです。なので、特に沖縄の人にはあまり馴染みがないのが現状のようです。nanacoカード普及の為にも、お店の全国展開も期待したいところですね。

「nanacoカード」は分かってもらえたと思うので、ここからは「nanacoギフトカード」の紹介をしますね。「nanacoギフトカード」とは、nanacoへのチャージや、オムニ7サイトをはじめとするネットショッピングで買い物したりゲームの課金で利用できるカードのことです。

額面も3,000円、5,000円、10,000円、額面を1,000円から50,000円まで選べる4種類があります。自分で利用するのもOKですが、お礼やお祝いとして贈る事もできます。

すでにnanacoカードを持っている人もチャージして利用する事ができるので、贈られて損はないと思います。有効期限も購入から2年間となって長い期間利用できるので安心です。しかし、贈る際に相手がnanacoギフトカードを利用できる環境にあるかどうか調べるのは大事ですね。